結婚式のサブバッグの中身は?持ち込みOK?素材や大きさなどマナーで失敗しない選び方

結婚式にお呼ばれした時、何を持っていけばよいか悩みますよね。

会場では小さいパーティバッグを使用し、サブバッグは基本的にはクロークに預けたほうがよいでしょう。

では、会場で使うパーティバッグとサブバッグの中身はどう分ければよいのでしょうか?

また、サブバッグは紙袋やリュックなどカジュアルなものでもよいのでしょうか?
会場内への持ち込みはNGなのでしょうか?

結婚式に持っていくサブバッグのマナー。そして失敗しない選び方をご紹介します。

結婚式のゲストが必要な持ち物リスト

まずは結婚式に参列する際、何を持っていかなければならないのかを確認しましょう。一般的に女性の持ち物で必要なものは以下です。

■ ご祝儀・ご祝儀袋
■ 袱紗(ふくさ)
■ 招待状
■ 財布
■ スマホ・カメラ
■ メイク道具

そして持っていくと便利なもの、実際に便利だったものにはこんなものもあります。

■ 予備のストッキング
■ 常備薬・絆創膏
■ 携帯充電器(予備バッテリー)
■ 貼るカイロ

ストッキングを引っ掛けて伝線させてしまったり、履き慣れないヒール靴でかかとを痛めてしまったり、そんな時にも対応できるように準備しておくことに越したことはありません。
しかしその分荷物が多くなってしまい、選ぶバッグが難しくなってくるという問題も。

では会場でのパーティバッグと、サブバッグの中身はどのように分ければよいでしょうか?

結婚式のパーティバッグの中身

会場で持ち歩くパーティバッグはマナー的にも小ぶりなものがよいとされているため、たくさんの荷物を入れておくことはできません。

必要最低限の荷物を入れておきましょう。

・招待状
・財布
・スマホ(カメラ)
・ハンカチ
・最小限のメイク道具 / 手鏡
・絆創膏 / 薬

ご祝儀(袱紗)はパーティバッグに入ればよいですが、受付で渡してしまうものになるので無理にパーティバッグには入れずにサブバッグに入れてもよいでしょう。

会場での写真撮影用のカメラ、涙をおさえるハンカチ、サッと化粧を整える最低限のメイク道具などは手元に持っておくようにしましょう。

結婚式のサブバッグの中身

サブバッグの中身は結婚式の日を快適に、トラブルなく過ごすために持っていく予備の道具を忍ばせておくと便利です。

・ご祝儀(袱紗) パーティバッグに入らなければ
・メイク道具
・ヘアワックス、スプレーなど
・充電器 / 予備バッテリー
・歩きやすい靴
・予備のストッキング
・羽織り
・貼るカイロ
・エコバッグ

普段とは違うパーティの装いで参列する結婚式は、それに合わせた注意も必要です。なかでも、これは入れておいて助かった!という経験のあるものをご紹介していきます。

 

行き帰りの履き替え用の靴

結婚式の靴はヒール、パンプスが基本なので履き慣れない方は特に注意が必要です。

2次会まで参加するとかなりの長時間ヒールを履くことになります。1日中ヒールを履いて帰りは歩くのもやっと!という声も。

荷物はかさばってしまいますが、行き帰りのしんどさを考えると履き慣れたフラットシューズを入れておくほうが良さそうですね。

手持ちで運ぶため出来るだけ軽いもの。出来れば履き替えてもあまり違和感のないようなフォーマルなスタイルに合うものがおすすめです。

羽織り・貼るカイロ

パーティドレスは腕や脚に露出があるものが多いので、思いのほか冷えることがあります。

屋外での写真撮影のタイミングがあったり、会場内のエアコンが効きすぎていたりと、気温の変化で体調を崩さないように注意が必要です。

フォーマルな服装に合わせる羽織りを用意しておけば便利ですが、無い場合はお腹や背中に貼れるカイロを持っておけばそんな時も安心して過ごせますね。

予備のストッキング

道中や会場に到着してから、うっかり何かに引っ掛けてしまいストッキングが伝線してしまうと、せっかくの一日を楽しむことができませんよね。

会場からすぐにコンビニなどがあればよいですが、大抵の場合会場周辺に便利なコンビニは少なく、結婚式の途中では抜け出しにくいです。

予備のストッキングは一つ、入れておくようにしましょう。

絆創膏・常備薬

慣れないヒールを履いて靴擦れを起こしまうことはよくあります。歩くのも痛く、我慢しながら1日を過ごすのはとても辛いですね。そんな時も絆創膏があればかなり痛みが和らぎます。

また空調や気温の変化で体調不良を起こしてしまう時もあります。飲み慣れている鎮痛剤などの常備薬を用意しておくと安心です。

どちらもかさばるものではないので、1日を安心して楽しむためにぜひ用意しておくようにしましょう。

エコバッグ

結婚式では引き出物をいただいたり、プチギフトをいただいたりと、行きよりも帰りのほうが荷物が多くなります。

2次会でのゲームで景品が当たるなんてこともあるかもしれませんね。

サブバッグにはコンパクトに折りたためるエコバッグを入れておけば想定外の荷物が増えた時にも役に立ちます。

充電器・予備バッテリー

結婚式では当日に友人と連絡を取り合いながら移動したり、会場ではスマホで写真やムービーを撮影するタイミングが多く、充電の減りが速くなります。

前日からしっかり充電しておくことは大事ですが可能であれば携帯用の充電器、モバイルバッテリーを持っていきましょう。

デジカメであれば予備のバッテリーがあると安心です。

結婚式でサブバッグは持ち込みOK?

基本的にサブバッグはホテルや結婚式場にあるクロークに預けたほうがよいでしょう。

しかし、フォーマルなサブバッグであれば持ち込みはOKです。普段使いのトートバッグではなく、華やかで、レースやビジューをあしらったような慶事用のサブバッグであれば持ち込みは問題ありません。

サテンなどの光沢のある生地で、華やかなカラーがおすすめですが、黒やベージュといったシンプルなカラーでも大丈夫です。服装と合わせて違和感のない上品なものを選ぶようにしてください。

 

結婚式のサブバッグのおすすめは?

それでは結婚式のサブバッグはどんなものがよいのでしょうか?

素材はパーティバッグと同様、服装に合うサテンのような光沢にある生地で、リボンやレース、ビジューなどで装飾が施された華やかなものがよいでしょう。

大きさは中身に合わせたサイズで少し余裕を持った大きさがよいですが、大きすぎるとスマートさに欠けるため、A4サイズ程度にしておくのがベストです。

また色味も、出来るだけ服装に合わせたものを選びましょう。リュックや紙袋、カジュアルすぎる素材のバッグなどは避けた方が無難です。

結婚式で100均や3coinsのサブバッグは使える?

ダイソーなどの100均ではしっかりとした紙袋や、シンプルなトートバッグなどが取り扱っていますが、基本的には結婚式のサブバッグとして適しているとは言えないでしょう。

100均で急遽用意しないといけないなると、シンプルでA4サイズ程度のものを選び、会場ではすぐにクロークに預けるようにしましょう。

3coinsは100均に比べて生地や形もしっかりしているものが取り扱われています。大人も使えるような淡いカラーでシンプルなものもありますが、やはり少しカジュアルな印象なので、結婚式の会場に持ち込むサブバッグとしてはあまり適していないでしょう。

 

サブバッグはレンタルも便利!

結婚式の持ち込可能なサブバッグは、サテンにリボンやレース、ビジューといった華やかなものがマナー的によいとされているので、普段使いと兼用というのはなかなか難しそうです。

結婚式は嬉しく楽しいものですが、ご祝儀や服装、2次会費用など出費がかさむと大変ですよね。

最近では結婚式用のドレスやパーティバッグはもちろん、サブバッグのレンタルのサービスもあるので、購入を悩んでいる方は一度検討してみてもよいかもしれませんね。

 

サブバッグもマナーを大事にコーデで考えて

結婚式では華を添えるゲストとして参加するのでマナーはとても大事です。せっかくドレスアップしているのにサブバッグが普段使いのチープなものだと雰囲気も台無しですよね。

服装、会場の雰囲気、マナーに沿ったコーデでどんなサブバッグを持っていくべきか、選んでみてください。

 

サブバッグに忍ばせる。ひと味違ったレザー折りたたみトートバッグ

折り畳みエコバッグ ベジタブルタンニンレザー Mollis

折り畳みエコバッグ ベジタブルタンニンレザー Mollis

ミニマルなデザインで普段使いからフォーマルまで対応できるミニバッグ。本革製なのに「折り畳める」新しいレザーバッグです。

全面に牛革を使用し、さらに持ち手には日本が世界に誇る「栃木レザー」を使用しています。

表に出ている部分に、ぐるっと巻いた革紐の余りを通してしっかりとホールドすることが可能です。カシメやカンなどの金具は使用せずに、革のカットとステッチのみでスッキリした印象に。

高級感のある本革製なので通勤時はもちろん、ランチタイムやショッピング、フォーマルなシーンで必要になった時も見た目を気にすることなくサッと使うことができます。


 

 

最新情報をチェックしよう!

Follow My Account
セール情報や新作案内などお得な配信を受け取れます