革についた傷を目立たなくするには?自宅でできるカンタンなケア方法

こんにちは。ハレルヤスタッフです。

皆さんは革製品を使用している時、うっかり傷をつけてしまった経験はありませんか?

専門の修理屋さんに持っていくのも1つの手ですが、
革の種類によっては、ちょっとしたひと手間で目立たなくすることができます。

今回は、革についた傷を目立たないように消す(隠す)方法を皆様にお伝えしていきます!

革財布の傷の種類と対策について

傷の種類対策
浅い擦り傷、目立たない爪などの引っかき傷指で擦る
浅い凹みやスレブラシまたはレザークリーム
深い擦り傷または引っかき傷専用の補修クリーム
えぐれ、剥がれプロの業者に依頼

指や布で擦って消す

革を指で擦って傷を消す

革財布は、軽度な傷であれば指や布で擦るだけで消すことができます。

しかし、やり過ぎてしまうと擦った部分だけ若干色が濃くなったり
光沢が出てしまう場合があります。

指や布で擦って傷を消す場合は「応急処置」程度に考えるのが良いでしょう。

ブラシとレザークリームを使って傷を消す方法

一番おすすめしたい傷の消し方は「ブラシとレザークリームを使った方法」です。

ブラシとクリームを使えば、傷を綺麗に消せるだけでなく革の手入れにもつながります。

この方法であれば下記のように、傷を消すだけでなくツヤ出しの効果もあり、味のある財布になります。

革の傷のbefore after

では、具体的な方法を解説していきます。

まずは必要なものを用意しましょう。

必要なもの〉

  • 馬毛ブラシ
  • レザークリーム
  • 柔らかめの布

①ブラッシングしてゴミを落とす

ブラッシングしてゴミを落とす

はじめにブラッシングを行い、革財布についているほこりやゴミを落とします。

ブラッシングを丁寧に行えば、この時点で細かい傷は目立たなくなります。

おすすめは当ショップで販売している馬毛ブラシ

持ち手付きで使いやすいデザインとなっております。

②柔らかい布で表面を乾拭き

柔らかい布で表面を乾拭き

クリームを塗る前に柔らかい布で乾拭きして、さらに表面を綺麗にします。

ここで使用する布の理想は、綿素材の柔らかい布です。

③ 適量のレザークリームを塗る

適量のレザークリームを塗る

乾いた布に直径1cm程の量のレザークリームを取り、

革財布全体にまんべんなく塗っていきます。

くるくる円を描くように塗っていくと革に馴染みやすいです。

(事前に革製品の目立たない部分で試し塗りをする事をおすすめします。)

傷が消えなかった場合の対処方法

補色クリームやレザーマニキュアを使う

破れがあったり傷の度合いがひどい場合は、補色クリームやレザーマニキュアを使って傷を目立たなくすることが可能です。

色落ちの心配がなく、お探しの色が無い場合には絵の具のように調合する事が出来ます。

使い方は、どちらも少量を傷部分に塗布し、布やブラシで磨いて全体に馴染ませることで傷が目立たなくなります。

ただこの方法は色の調整が難しいので、慣れていない人にはあまりおすすめできません。

どうしようもない場合はプロに修理依頼すべき

プロに修理依頼

冒頭で説明したように、
お手入れで元に戻らなかった場合は、無理をせず
革専門の修理屋さんに依頼するのがオススメです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

革財布を長持ちさせたいという方は、

日頃から定期的にお手入れすることをおすすめします!

この記事が少しでも皆様の参考になれば嬉しいです。

それではまた次回の記事でお会いしましょう。

ここまで読んでくださりありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!




Follow My Account
セール情報や新作案内などお得な配信を受け取れます